たむこう はかる
田向 権

  • プロフィール
  • 九州工業大学大学院 生命体工学研究科
  • 人間知能システム工学専攻
  • 准教授

略歴

学歴
  • 国立佐世保工業高等専門学校電子制御工学科 卒業
    武富研究室 卒業論文「タミール文字のマルチフォント認識」
  • 宮崎大学工学部情報工学科 卒業
    冨田研究室 卒業論文「人間の選好構造にもとづくネットオークション入札支援システム」
  • 九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻博士前期課程 修了 修士(工学)
    山川研究室 修士論文「高速WTAアルゴリズムを用いた自己組織化マップとそのディジタルハードウェアによるアクセラレータシステム」
  • 九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻博士後期課程 修了 博士(工学)
    山川研究室 博士論文「粗い勝者決定を用いた自己組織化マップおよび自己組織化関係ネットワークのハードウェア化」
職歴
  • 株式会社ブラテック 取締役
  • 九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻
    21世紀COEプログラム “生物とロボットが織りなす脳情報工学の世界” 博士研究員
  • 東京農工大学工学府電気電子工学科助教
  • 九州工業大学大学院生命体工学研究科脳情報専攻准教授
  • ~現在 九州工業大学大学院生命体工学研究科人間知能システム工学専攻 (改組による名称変更) 准教授

研究内容

  • 脳型計算機,ソフトコンピューティング全般(自己組織化マップ,遺伝的アルゴリズム,ファジィ理論,他), ニューラルネットワーク(深層学習), ロボットの脳型知能
  • hw/sw複合体(FPGAをコンピュータシステムの一部として活用し高速化・省電力化),ロボットや車載への応用(ROSとhw/sw複合体の融合)
  • 知的画像処理(色覚バリアフリー,高精細画像拡大,画像認識,動画像圧縮伸長)とそのディジタル回路実装
  • 人間と自然なインタフェースで意思のやり取りを行い,人間のように自ら考え行動できるロボットの実現

研究補助金

科学研究費および公益財団,企業からの助成金や共同研究費を受けて研究開発を行っております. ここにお礼申し上げると共に,最大限有効活用できるよう研究室メンバー一同努力してまいります.
科学研究費助成事業のページ, 科学研究費助成事業データベース
科研費データベース情報

  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(代表)直接経費 3,700千円
    「知識転移学習と仮想回路の融合による脳型計算機の確立と自律型ロボットへの応用」
  • 公益財団法人 国際科学技術財団(代表)助成額 1,000千円
    「脳型計算機の実現を目指した仮想学習回路データベース」
    国際科学技術財団WEBページ, 研究助成テーマ
  • 公益財団法人 中島記念国際交流財団(代表)助成額 1,500千円
    「自律型ロボットのための脳型計算機理論構築とそのハードウェアプラットフォーム」
    中島記念国際交流財団WEBページ, 研究助成テーマ
  • 公益財団法人 北九州産業学術推進機構 産学連携研究開発事業(シーズ探索助成金)(代表)助成額 850千円
    「高性能なナチュラルユーザインタフェースを簡便かつ安価に実現する組込みシステム向け開発環境構築」
    北九州産業学術推進機構WEBページ, 研究開発等支援事業
  • 科学研究費補助金 若手研究(B)(代表)直接経費 3,300千円
    「脳型再構成デバイスの実現と自律型ロボットへの応用」
  • 科学研究費補助金 若手研究(B)(代表)直接経費 2,900千円
    「自己組織化脳型デバイスの実現とその自律移動ロボットへの応用」
  • 他,企業との共同研究3件.

  • 科学研究費補助金 基盤研究(B)(分担)
    代表:山口大学 末竹規哲 准教授
    「クレイク・オブライエン錯視効果を援用した色覚バリアフリー動画像表示システムの開発」
  • 科学研究費補助金 挑戦的萌芽(分担)
    代表:九州情報大学 麻生隆史 教授
    「相補型同時最適化理論に基づく限定色画像拡大アルゴリズムの確立」
  • 科学研究費補助金 基盤研究(B)(分担)
    代表:九州情報大学 麻生隆史 教授
    「埋込型自己縮小画像コードブックとファジィ推論に基づく高倍率画像拡大法の開発」
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(分担)
    代表:代表:山口大学 末竹規哲 准教授
    「色覚バリアフリーのための実時間映像処理ハードウェアシステムの開発」
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C)(分担)
    代表:九州情報大学 麻生隆史 教授
    「自己縮小画像コードブックとファジィ推論に基づく実時間映像拡大処理システムの開発」

受賞

  • Best Paper Award, 20th Int. Conf. on Neural Information Processing (ICONIP2013), 2013年11月.
  • Best Feature Award, IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips COOL Chips XVI, 2013年4月.
  • Best Feature Award, IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips COOL Chips XV, 2012年4月.
  • SIS研究会若手研究優秀賞, 電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会,2012年3月.
  • Excellent Paper Award, 5th International Symposium on Management Engineering (ISME2008),2008年3月.
  • 優秀ポスター賞, 日本知能情報ファジィ学会九州支部ほっと暖まる合同研究会2004,2004年8月

指導した学生の受賞

  • 電子情報通信学会 回路とシステム研究会 学生優秀賞
    受賞者:Nadav Bergstein
    Nadav Bergstein, Hakaru Tamukoh, Masatoshi Sekine,
    “A modular low cost hardware TCP/IP stack implementation adding direct network capabilities to same on-chip embedded applications using Xilinx Spartan3 FPGA,”
    .
  • 電子情報通信学会 システムLSI設計技術研究会 第142回SLDM研究会 優秀発表学生賞
    受賞者:黒木良介
    黒木良介, 華井健太郎, 田向 権, 小林祐一, 関根優年,
    “ネットワーク配信可能なhw/sw複合体,動画像コーデック,”
    .

講演・社会貢献活動等


業績リスト

著書
  1. 田向 権,関根 優年,山川 烈,
    “FPGAによる遺伝的アルゴリズムのハードウェア実装,”
    進化技術ハンドブック第II巻 応用編:情報・通信システム18.4節 電気学会進化技術応用調査専門委員会編,(株) 近代科学社,
  2. その他の業績は外部発表のページをご覧ください.