人間知能システム工学専攻 立野研究室

研究の概要

立野研究室では,神経活動のダイナミクスとその役割について研究しています. 研究対象は,大きく分けて3つです.1つめは,ラットの内側側頭葉のニューラルネットワークモデルを用いた学習に関する研究です.これまで海馬,嗅内皮質,嗅周囲皮質のニューラルネットモデルを個別に手がけてきましたが,これらを結合し,内側側頭葉における記憶メカニズムに迫りたいと考えています.2つめは,グラスキャットフィッシュの電気受容器の神経活動の非線形特性や電場中の魚の行動を調べ,モデリングする研究をしています.グラスキャットフィッシュは,群れで泳ぐ性質もあるので,それらの集団活動をモデリングし,ロボット集団に秩序だった行動をさせることへの応用などの展開を考えています. 3つめは,味覚や匂いに関する研究を元に化学センサーシステムを開発する研究です.味覚の研究をされている大坪研究室(人間知能システム工学専攻 人間・脳機能講座)と共同し,味の認識についてモデリングし,その知見を元に,生物らしいセンサーシステムを創ることを目的としています.

お知らせ

坪井杏奈と中臣悠太郎が卒業論文発表会で発表しました. NEW
元親俊輔が修士論文発表会で発表しました. NEW
NC研究会で口頭発表しました.(森江研との共同研究) NEW
"家庭用サービスロボットのための海馬-嗅内皮質モデルにおける場のオブジェクト表現と統合",前田優輔・立野勝巳・森江 隆 ※発表は森江研の前田さん.
NLP研究会で口頭発表しました. NEW
"海馬の文脈依存情報および報酬に基づいて行動を制御する前頭前野モデル",田上天羽・立野勝巳
NLP研究会で口頭発表しました.(堀尾研との共同研究) NEW
"明暗環境下における正弦波電気刺激に対するグラスキャットフィッシュの忌避行動の変化",元親俊輔・上田雄也・立野勝巳・堀尾恵一 ※発表は当研究室の元親.
中村修の公聴会を開きました.
異分野融合ワークショップ「脳型情報処理によるロボットラーニングの技術革新」で口頭発表しました.
"海馬の経路依存場所細胞を再現するスパイキングニューラルネットワークモデル", 立野勝巳
SAES2019で口頭発表しました.
"Predatory Behavior of Glass Catfish Under a Dark Condition", Sena Nishio, Katsumi Tateno
"Delay Conditioning for Glass Catfish with Electric Stimulus as Conditioned Stimulus", Ryoya Ito, Katsumi Tateno
論文がICIC-ELに採択されました.(大坪研・佐世保高専の志久研との共同研究)
"Counting algorithm for sequential optical images of immunoreactive mouse taste-bud cells", Katsumi Tateno, Osamu Shiku, Yoshitaka Ohtubo
NLP研究会で発表しました.
"運動パターン視覚刺激に対するグラスキャットフィッシュの行動",呂士しょう・立野勝巳
PAGE TOP