人間知能システム工学専攻 立野研究室

研究の概要

立野研究室では,神経活動のダイナミクスとその役割について研究しています. 研究対象は,大きく分けて3つです.1つめは,ラットの内側側頭葉のニューラルネットワークモデルを用いた学習に関する研究です.これまで海馬,嗅内皮質,嗅周囲皮質のニューラルネットモデルを個別に手がけてきましたが,これらを結合し,内側側頭葉における記憶メカニズムに迫りたいと考えています.2つめは,グラスキャットフィッシュの電気受容器の神経活動の非線形特性や電場中の魚の行動を調べ,モデリングする研究をしています.グラスキャットフィッシュは,群れで泳ぐ性質もあるので,それらの集団活動をモデリングし,ロボット集団に秩序だった行動をさせることへの応用などの展開を考えています. 3つめは,味覚や匂いに関する研究を元に化学センサーシステムを開発する研究です.味覚の研究をされている大坪研究室(人間知能システム工学専攻 人間・脳機能講座)と共同し,味の認識についてモデリングし,その知見を元に,生物らしいセンサーシステムを創ることを目的としています.

お知らせ

緊急事態宣言は解除されましたが、セミナーやミーティングは当面オンラインで実施します. NEW
前期課程3名と卒研生2名が研究室に加わりました. NEW
「ニューロモルフィックAIハードウェアセンター」が立ち上がりました. NEW
NLP研究会で発表しました.
"経路依存場所情報を符号化するスパイキングニューラルネットワークを用いた行動選択学習",立野勝巳・髙田健介
PAGE TOP