研究紹介

Last update on 6月. 19, 2019

研究紹介

スライド(2019.5版)


YouBalance

YouBalanceは柴田研究室で開発し社会実装を進めている低コストなバランス能力の評価・リハビリシステムです。

ニュース

  • 2016/08/07 有料在宅老人ホームでインタラクティブ展示を行いました。

共同研究先

外部発表

Shibata, T.
Functional Robotic Assistance of Human Motor Learning
Keynote for Workshop on Neurorobotics, IEEE Biorob 2016
2016

Okada, T., Shibata, T., Tamei, T., et al.
In-Home Posture Evaluation and Visual Feedback Training to Improve Posture with a Kinect-Based System in Parkinson’s Disease
Journal of Novel Physiotherapies
2014, 4(5), 232, 7 pages

岡田,喜多,中村,柴田,船谷,折戸,爲井,池田,和田,形岡,上野,冷水,森岡,庄本
前屈姿勢と側屈姿勢を合併したパーキンソン病患者に対する直流前庭電気刺激 -電極極性が効果に与える影響の検討-
運動障害
2014, 24, pp.55-60

Funaya, H., Shibata, T., Wada, Y. and Yamanaka, T.
Toward Instant Diagnosis in Balance Disorders Using Kinect
2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait and Mental Function
2014

Funaya, H., Shibata, T., Wada, Y. and Yamanaka, T.
Accuracy Assessment of Kinect Body Tracker in Instant Posturography for Balance Disorders
2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology(ISMICT)
2013, pp.214-218

招待講演

  • 情報通信技術技術(ICT)を用いた新しい心身医療の可能性について, 第54回日本心身医学会九州地方会(教育講演), 2015.1 (抄録有, p.24)
  • 情報通信技術や知能ロボット技術を活用した新しい在宅リハビリ・介護の革新を目指して, 三木会, 2014.12
  • パーキンソン病患者のための情報通信技術の活用について, 北九州パーキンソン病リハビリテーション研究会, 2014.12
  • エビデンスベース・ライフケアを拓く社会情報基盤の構築, 北九州e-PORT推進協議会第21回交流会(基調講演), 2014.7
  • 情報通信技術やロボットを活用した新しい在宅医療介護の可能性について,鹿児島県医師会勤務医会研修会,2014.3
  • 奈良県立医科大学 産学官連携シンポジウム, 2013
  • 生駒希望の会第14回健康講座, 2013
  • 奈良難病連交流会2013

解説・総説

  • Okada, T., Shibata, T., Tamei, T., and others.Rehabilitation for Postural Deformities in Parkinson’s Disease: An Update and Novel Findings, Journal of Novel Physiotherapies, 4(5), 233, 2014.
  • 柴田 智広, 情報通信技術( I C T ) による新しい難病支援の可能性について, 特定非営利活動法人奈良難病連 きずなNo46号 H25.8.23総会号, vol.46, 2013

PAGETOP