よしもと ゆうま

吉元 裕真

プロフィール

2021年3月に九州工業大学大学院 生命体工学研究科 生命体工学専攻 博士後期課程を修了しました.
1番乗り日記はこちらへ移動しました

略歴

  • 2014年3月 独立行政法人 国立高等専門学校機構 舞鶴工業高等専門学校 電気情報工学科 修了 准学士(工学) 丹下研究室 卒業論文「視覚障がい者の雇用拡大を目指した就労支援ツールの開発」
  • 2016年3月 独立行政法人 国立高等専門学校機構 舞鶴工業高等専門学校 専攻科 電気・制御システム工学専攻 修了 学士(工学) 伊藤研究室 卒業論文「自律型移動ロボットに関する研究」
  • 2018年3月 国立大学法人 九州工業大学大学院 生命体工学研究科 修了 修士(工学) 田向研究室 修士論文「Depth 画像を用いたBinarized Dual Stream型物体認識ニューラルネットワークの開発」
  • 2021年3月 国立大学法人 九州工業大学大学院 生命体工学研究科 修了 博士(工学) 田向研究室 博士論文「Depth 画像を用いたBinarized Dual Stream型物体認識 CNN のハードウェア実装」
  • 2019年4月-2021年3月 日本学術振興会 特別研究員DC

外部発表

※2021年3月まで

Journal Paper (査読有)

  • Yuma Yoshimoto, Hakaru Tamukoh, “FPGA Implementation of a Binarized Dual Stream Convolutional Neural Network for Service Robots,” Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 33, No. 2, pp. 386-399, 2021.
  • 三井 悠也,宮﨑 椋瑚,吉元 裕真,石田 裕太郎,伊藤 太久磨,通山 恭一,田向 権, “深層ニューラルネットワークを用いた領域推定と部分テンプレートマッチングによる道路標示検出システム,” 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol. 33, No. 1, pp. 566-571, 2021.

Conference Paper(査読有)

  • Yuma Yoshimoto, Hakaru Tamukoh, “Hardware-Oriented Dual Stream Object Recognition System using Binarized Neural Networks,” 2020 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2020), Paper ID 1725, Online, October 10-21 (19), 2020.
  • Yuma Yoshimoto, Hakaru Tamukoh, “Live Demonstration: Hardware-Oriented Dual Stream Object Recognition System using Binarized Neural Networks,” 2020 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS2020), Paper ID 2234, Online, October 10-21 (16), 2020.
  • Yuma Yoshimoto, Daisuke Shuto, Hakaru Tamukoh, “FPGA-enabled Binarized Convolutional Neural Networks toward Real-time Embedded Object Recognition System for Service Robots,” 2019 4th IEEE International Circuits and Systems Symposium (ICSyS2019), Paper ID 1570588777, September 18-19 (19), 2019. Best Paper Award
  • Yuma Yoshimoto, Muhammad Farhan Mustafa, Wan Zuha Wan Hasan, Hakaru Tamukoh, “A Quick Data Generation Method for Training Object Detection Algorithms in Home Environments,” 2019 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2019), SS1-2, pp. 7-10, Tokyo, Japan, September 4-6 (4), 2019.
  • Yuma Yoshimoto, Hakaru Tamukoh, “Object Recognition System using Deep Learning with Depth Images for Service Robots,” 2018 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2018), FM1B-4, Okinawa, Japan, November 27-30 (30), 2018.
  • Yuma Yoshimoto, Yutaka Tange, Kurao Sudo, Junichi Hori, “Development of Employment Support Tool for Visual Impaired People using Smartphone,” 2013 Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2013), U-3, Osaka, Japan, July 3-7 (5), 2013

国内研究報告・国際ワークショップ等(査読無)

  • 吉元 裕真,田向 権, “Depth画像を用いた一般物体認識ニューラルネットワークのハードウェア実装,” 電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会(SIS),SIS2020-47,2021年3月4-5日(4),オンライン開催.
  • 小野 智寛,堀 三晟,石田 裕太郎,田中 悠一朗,吉元 裕真,阿部 佑志,武藤 冬樹,椛島 康平,福宿 将士,坂田 拓馬,吉井 拓巳,上村 大地,金丸 和樹,中村 健太郎,西村 雄太,森江 隆,田向 権, “社会実装を目指したホームサービスロボットの研究開発,” ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 in Hiroshima,1P2-102,2019年6月5-8日(6),広島,広島国際会議場.
  • 吉元 裕真,田向 権, “Depth画像を用いたハードウェア指向一般物体認識ニューラルネットワーク,” 電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会(SIS),SIS2018-32,2018年12月6-7日(7),山口,萩市民館.
  • 吉元 裕真, 堀 三晟, 石田 裕太郎, 木山 雄太, 黒田 裕貴, 田中 悠一朗, 久野 昌隆, 藤田 啓斗, 新谷 嘉也, 岩元 剛毅, 橋本 康平, 森江 隆, 田向 権, “競技会活動を通じたホームサービスロボットの研究開発,” ROBOMECH, 2P2-E02, 229, 2018年6月2-5日(5),福岡,西日本総合展示場.
  • 吉元 裕真, 田向 権, “Depth画像を活用した深層学習によるホームサービスロボット向け一般物体認識システムの構築,” 電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会(SIS), SIS2017-55, pp. 123-128, 2017年12月14-15日(14),鳥取,鳥取県立生涯学習センター.SIS研究会若手研究優秀賞 受賞
  • Yuma Yoshimoto, Hakaru Tamukoh “Object Recognition System using Depth Image for Home Service Robots,” 5th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2017), Nov. 14-15(15) 2017, Universiti Putra Malaysia.
  • 吉元 裕真,田向 権, “RoboCup@Homeにおけるホームサービスロボットのための一般物体認識システム,” SOFT九州支部夏季ワークショップ2017in指宿, 24, 2017年8月24日-25日(25),鹿児島,指宿休暇村.ポスターセッション優秀賞 受賞
  • 石田 裕太郎,堀 三晟, 木山 雄太, 黒田 裕貴, 田中 悠一朗, 久野 昌隆, 吉元 裕真, 今村 有杜, 日巻 智貴, 新谷 嘉也, 岩元 剛毅, 橋本 康平, 森江 隆, 田向 権, “Hibikino-Musashi@Homeにおけるロボット開発,” 第7回インテリジェントホームロボティクス研究会, 2017年6月9日,大阪,インテックス大阪.
  • 吉元 裕真,田向 権, “物体認識アルゴリズムをFPGAに実装するための基礎研究,” 電子情報通信学会2017総合大会, 学生ポスターセッション,ISS-SP-194, 2017年3月22日-25日(23),愛知,名城大学天白キャンパス .
  • 吉元 裕真, 片山 英明, 古林 達哉, “時間帯による使用の可否が一目で確認可能なAEDマップシステムの構築, ” 近畿地区7高専連携シンポジウム-阪神・淡路大震災から20年, 2015年1月31日
  • 吉元 裕真, 丹下 裕, “スマートフォンを用いた視覚障がい者のための就労支援ツールの開発,” 生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2013, pp.207-210, 2013年1月30日

受賞

※2021年3月まで

学会,研究会等

  • 2019 IEEE International Circuits and Systems Symposium, Best Paper Award 受賞論文: FPGA-enabled Binarized Convolutional Neural Networks toward Real-time Embedded Object Recognition System for Service Robots
  • 九州工業大学 生命体工学専攻人間知能システム工学専攻 2017年度修論発表 最優秀賞受賞論文: Depth画像を用いたBinarized Dual Stream型物体認識ニューラルネットワークの開発
  • 電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会若手研究優秀賞 受賞論文: Depth画像を活用した深層学習によるホームサービスロボット向け一般物体認識システムの構築
  • 日本知能情報ファジィ学会 九州支部夏季ワークショップ2017in指宿, ポスターセッション優秀賞 受賞論文: RoboCup@Homeにおけるホームサービスロボットのための一般物体認識システム

Hibikino-Musashi@Home

  • RoboCup@Home League Domestic Standard Platform Third Place.
  • 2nd Place RoboCup@Home League, 15th-18th May 2019, RoboCup Asia-Pacific TianJin Invitational Tournament 2019.
  • 最優秀賞,平成31年3月1日,平成30年度学生プロジェクト報告会.
  • RoboCup@Home P&G Challenge Winner, June 21st 2018, Procter & Gamble.
  • RoboCup@Home League Procter & Gamble Dishwasher Challenge Award, June 21st 2018, RoboCup Federation, RoboCup 2018.
  • RoboCup@Home League Domestic Standard Platform RoboCup@Home First Place, June 21st 2018, RoboCup Federation, RoboCup 2018.
  • ロボカップ@ホームオープンプラットフォームリーグ第1位, 平成30年5月5日,ロボカップジャパンオープン2018おおがき開催委員会.
  • ロボカップジャパンオープン2018@ホームリーグ 優勝(OPL), 平成30年5月5日,ロボカップジャパンオープン2018@ホームリーグ実行委員会.
  • RoboCup@Home League Domestic Standard Platform 1st Place, June 30th 2017, RoboCup Federation, RoboCup2017.
  • RoboCup@Home Domestic Standard Platform 第2位, 平成29年5月5日,ロボカップジャパンオープン2017開催委員会.
  • ロボカップジャパンオープン2017@Home Domestic Standard Platform 準優勝, 平成29年5月5日,ロボカップジャパンオープン2017@Homeリーグ実行委員会.
  • 九州工業大学 大学院 生命体工学研究科, 第2回HSRユーザ会優秀ポスタープレゼンテーション賞, 平成29年2月28日,トヨタ自動車株式会社パートナーロボット部.
  • Intelligent Home Robotics Challenge 2016 総合優勝, 平成28年12月11日,日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会.
  • Intelligent Home Robotics Challenge 2016 ロボットマニピュレーション部門1位, 平成28年12月11日,日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会.
  • Intelligent Home Robotics Challenge 2016 ロボット聴覚部門1位, 平成28年12月11日,日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会.

高専ロボコン

  • アイデア賞,アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2013 近畿地区大会,平成25年10月13日
  • 特別賞(本田技研工業),アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2013 近畿地区大会,平成25年10月13日
  • デザイン賞,アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2012 近畿地区大会,平成24年11月4日
  • 特別賞(田中貴金属グループ),アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2012 近畿地区大会,平成24年11月4日
  • ベスト8,アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2010 全国大会,平成22年11月21日
  • 激走賞,アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2010 近畿地区大会,平成22年10月17日

その他

  • KANAZAWAオープンデータアプリコンテスト2015, 金沢市長奨励賞, 2015年12月5日
  • オープンデータコンテスト 2014-2015 福岡, アイデア部門 佳作(3位相当賞), 2015年3月6日