安川 真輔(Shinsuke YASUKAWA)

動物の構造・知能や技術全般の話題が好きです。例えば 動物が普段生活している、その環境でインタラクティブにその生態を調査できるようなフィールドロボットを作りたいと考えて研究しております。

[連絡先_Contact]

s-yasukawa[at-sign]brain.kyutech.ac.jp
教員室 : 093-695-6140
Access

[所属_Affiliation]

九州工業大学 生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻
人間知能機械講座 准教授(2018/10-)
Associate Professor, Graduate School of Life Science and Systems, Engineering, Kyushu Institute of Technology
http://www.brain.kyutech.ac.jp/people/people.html

若手研究者フロンティア研究アカデミー 兼任 (2018/10-)
Frontier Research Academy for Young Researchers
http://www.ccr.kyutech.ac.jp/

2019/04-
社会ロボット具現化センター兼任 令和2年3月31日まで
http://www.lsse.kyutech.ac.jp/~sociorobo/ja/

2019/04-
学生相談員 兼務 令和2年3月31日まで
https://sog-sien.jimu.kyutech.ac.jp/soudan/

[略歴_Biography]

奈良工業高等専門学校で電子情報工学を専攻後、大阪大学大学院電気電子情報工学専攻に進学。生体の視覚系に学んだ画像センシングシステムに関する研究に従事。その後、2014年から九州工業大学に就職し、社会ロボット具現化センターにて研究員として実社会で作業をするロボット(農業・深海探査)のためのセンシングシステムの研究に主に従事。2017年4月より東京大手町にある新規ビジネス創出のための研究開発を行うスタートアップへの勤務に加え、同年5月より2018年3月まで東京大学 生産技術研究所 特任研究員として、海洋ロボットの研究に従事。 2018年10月より現職。

Shinsuke YASUKAWA received a Ph.D. in the Division of Electrical, Electronic and Information Engineering, Osaka University, JAPAN in January 2017. Currently, he is an Associate Professor in the Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology.His research interests include information processing in biological systems and their applications in robotics.

Experience:
Oct 2018 – : 
Associate Professor in the Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology
May 2017 – Mar 2018 : 
Project Researcher, Thornton Lab, Institute of Industrial Science, University of Tokyo.
May 2017 – Sep 2018 : 
Researcher, RecreationLab, Liquid, inc.
Jan 2017 :
Ph.D. in Engineering, Yagi Lab, Division of Electrical, Electronic and information Engineering, Graduate School of Engineering, Osaka University
Apr 2014 – Mar 2017 : 
Researcher specialized in agriculture and ocean robots, Center for Socio-Robotic Synthesis, Kyushu Institute of Technology

[所属学会・協会_Academic association]

計測自動制御学会(SICE)
日本ロボット学会(RSJ)
人工知能学会(JSAI)
米国電気電子学会(IEEE)
Robotics and Automation Society Membership(RAS)
Oceanic Engineering Society Membership(OES)

[個人WebPage]

https://sites.google.com/site/shinsukeyasukawa/
Kyutech: https://research02.jimu.kyutech.ac.jp/html/100001160_ja.html
researchmap : https://researchmap.jp/s-yasukawa
TEPIA技術アドバイザー (2019/05-) https://www.tepia.jp/tcs/report/501

[担当講義_Class] 

 2020年度
知能機械設計演習 (Practicum in Intelligent Machine Design)
・ロボットセンシング(Robot Sensing)
 1. 各種センサの原理と特性,周辺回路
 2. センサ情報処理のための確率モデル(確率分布と最尤推定,MAP推定,ベイズ推定)
3. センサ情報処理(決定論的・確率的),センサフュージョン技術

・知能・ロボット工学概論(Introduction to AI and Robotics)
・人間知能システム概論(Introduction to Human Intelligence Systems)
・脳型システム(Brain-inspired Systems)
・カーロボAI連携大学院
移動ロボット制御総合実習(Joint Graduate School in Intelligent Car & Robotics Course)

 2019年度
知能機械設計演習 (Practicum in Intelligent Machine Design)
第1クォーター(半分担当)
対象学年:1, 2年,曜日・時限:火曜 3限,火曜 4限,講義室:端末室2
5/14(Tue.) Matlab/Similinkの基礎 1/2 2/2
5/21(Tue.) Matlab/SimulinkとROSを用いたシステム設計 1/2 2/2  
5/28(Tue.) ロボットの制御実験1 1/2 2/2
6/4(Tue.) ロボットの制御実験2 1/2 2/2
6/11(Tue.) 調整日
https://github.com/syasukawa/PIMDst

・ロボットセンシング(Robot Sensing)
第4クォーター
対象学年:1, 2, 3年,曜日・時限:火曜 1限,火曜 2限,講義室:端末室2
授業内容:
12/10(Tue.)
01:フィールドロボットのためのセンシング技術とは
02: センサと信号処理の基礎
12/17(Tue.)
休講
12/24(Tue.)
05: ロボットビジョン-1(イメージセンサとカメラ幾何/立体視)
06: ロボットビジョン-2(前処理/フィルタリング処理/特徴抽出)
1/7(Tue.)
07: ロボットビジョン-3(確率分布のパラメータ推定/次元削減)
08: ロボットビジョン-4(画像変換とマッピング/カメラモジュールの選定/デプスセンサ)
1/14(Tue.)
03: 位置・変位のセンシング
(近接スイッチ/変位センサ/GPS/音響測位)
04: 力学量・運動量のセンシング
(ひずみゲージ/圧力センサ/ロードセル/タコジェネレータ/ジャイロセンサ/加速度センサ/流速計)
1/21(Tue.)
09: センサ制御の基礎-1(位置制御/速度制御)
10: センサ制御の基礎-2(力制御/インピーダンス制御)
1/28(Tue.)
11: センサ融合の基礎-1(自己位置推定)
12: センサ融合の基礎-2(SLAM)
2/4(Tue.)
13: 生体の感覚系とロボットセンシング-1(生体の感覚情報処理モデル)
14: 生体の感覚系とロボットセンシング-2(生体模倣型センサ)
2/14(Fri.) (2/11 建国記念日のため)
まとめ

・知能・ロボット工学概論(Introduction to AI and Robotics)
7/19(Fri.) 3限(1コマ担当)
授業内容:
生体の視覚系に学んだロボットビジョン技術
Bio-inspired vision system and their application to robotics
(シリコン網膜 Silicon retina, イベントベースカメラ Event-based camera, Neuromorphic engineeringなど)

・人間知能システム概論(Introduction to Human Intelligence Systems)
4/10(Wed.) 3限 (1コマ担当)
授業内容:
フィールドで活動するロボットのための画像センシング技術
Image sensing technique for field robots

・脳型システム(Brain-inspired Systems)
飯塚キャンパスでの講義(9/17及び9/20を予定)

・カーロボAI連携大学院
移動ロボット制御総合実習(Joint Graduate School in Intelligent Car & Robotics Course)
開講期2019年8月19日~8月30日(土日除)(10日間、4コマ/日、40コマ・60時間相当)
http://jgs.kyutech.ac.jp/course/syllabus/training/entry-1624.html


[競争的研究資金・外部研究資金 ]

2019年度より
競争的資金
1. 令和2年度新成長戦略推進研究開発事業(シーズ創出・実用性検証事業)
「柔軟不定形物の形状変化情報を高速に抽出するための産業用ロボットの知能視覚装置とその応用」
代表研究者 300万円

2. 科学研究費助成事業 若手研究 研究期間 (年度)2020 – 2022 研究種目
「微小眼球運動を活用した生体眼-視覚系模倣型ロボットビジョンの開発」
代表研究者 500万円

3. 平成31年度新成長戦略推進研究開発事業(シーズ創出・実用性検証事業)
「フレームレス型手先カメラによる産業用ロボットの高速画像制御技術の開発」
代表研究者 300万円

学内
4. 令和2年度研究力強化支援事業
「視・聴・触覚統合センサ基盤を活用した農作物状態判別の形式知化手法の創出」
代表研究者 200万円

企業との共同研究(契約の関係で研究テーマの詳細は記載できません)
1. A社
「農業ロボットに関する研究 」
代表研究者 直接経費2352000円, 間接経費 705600円

2. B社
「洗浄ロボットに関する研究」
代表研究者
A. 直接経費 2020,000円 間接経費 484000円 程度(後で修正)

3. C社
「三次元情報取得装置に関する研究」
代表研究者 200万円 程度

[その他]

第6回トマトロボット競技会実行委員会 委員
http://www.lsse.kyutech.ac.jp/~sociorobo/ja/tomato-robot2019
生産性向上推進会議(北九州) 構成員
http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/news/archives/2019/004316_0222_100000.html
第7回水中ロボフェス実行委員会 委員(水中ロボフェス2019)
http://underwaterrobonet.org/fes19/
第19回建設ロボットシンポジウム 現地実行委員会 委員
http://ccrr.jp/event/symposium/2019/2019.html#schedule
International Conference on Machine Intelligence 2019 Local Co-Chairs
https://isair.site/icmi2019/

Members