Hibikino-Musashi@Homeの活動が各種メディアに取り上げられました

令和4年8月22日,北九州学研都市近郊の居酒屋「てっぱんファミリーKUWA」にて,田向副センター長指導のロボット開発チーム「Hibikino-Musashi@Home」が家庭用サービスロボット トヨタ HSRを用いて,ウエイターロボットの実験を行い,その時の様子が各種メディアに取り上げられました.

本学のウェブサイトの記事はこちら
西日本新聞の記事はこちら
テレビ西日本の記事はこちら

テレビ西日本の放送アーカイブはこちら

センター長の名誉学位について日経新聞にて報道されました

令和4年7月26日付の日本経済新聞にて,センター長・田中啓文教授がタイ・スラナリー工科大学でタイのマハ・チャクリ・シリンドホーン王女より直接学位を授与されたことに関する記事が掲載されました.

日経新聞の記事はこちら
本学Webサイトの記事はこちら

ロボカップジャパンオープンOPL準優勝

令和4年3月22日-23日にオンライン開催されたロボカップジャパンオープン2021・@Homeオープンプラットフォームリーグに,田向副センター長が指導するHibikino-Musashi@Homeが出場し準優勝を果たしました.

@Homeオープンプラットフォームリーグ(OPL)は,チームオリジナルのロボットとそのソフトウェアを用いて家庭用サービスロボットのタスクの出来を競うものです.競技はロボットの基本機能を評価するBasic Functionarity,散らかった部屋の片付けを行うTidy Up,各チーム独自の研究成果とそのロボットデモンストレーションを披露するTechnical Challengeが実施されました.今大会Hibikino-Musashi@Homeは総合2位,およびTechnical Challenge優勝を果たしました.

ロボットとプログラム調整中のメンバー
メンバーの集合写真

ロボカップジャパンオープンDSPL優勝

令和4年3月9日-12日に開催されたロボカップジャパンオープン2021・@Homeドメスティックスタンダードプラットフォームリーグに,田向副センター長が指導するHibikino-Musashi@Homeが出場し優勝を果たしました.

@Homeドメスティックスタンダードプラットフォームリーグはトヨタ自動車株式会社のロボット・HSR(Human Support Robot)を用い,同一のハードウェアの条件のもとで,そのソフトウェア実装の出来を競うものです.競技は散らかった部屋の片付けを行うTidy Upタスクと,各チーム独自の研究成果とそのロボットデモンストレーションを披露するTechnical Challengeが実施されました.今大会Hibikino-Musashi@Homeは両競技にて優勝しました.

Tidy Upタスクにチャレンジ中のHSR
リーグ優勝表彰状とメンバー
Technical Challenge表彰状とメンバー
チームメンバー